読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shooting Tokyo

東京を撮り歩く

墨田区

【180】墨田区横網 両国駅「江戸NOREN」

両国に新たな名所が2つ誕生しました。江戸を味える12の飲食店が入った「江戸NOREN」と、「すみだ北斎美術館」です。美術館は行ってみたら行列が出来ていたので、今回は江戸NORENのみ。おちょこ1杯分の日本酒を買える素敵な自動販売機に出会い…

【163】墨田区堤通 幻の隅田宿

墨田区側の隅田川沿いには、平安時代から栄え、江戸時代に廃れてしまった宿場町があったそうです。鎌倉を目指した源頼朝が、ここから武蔵国へ川を渡ったという記録が残されています。現在の白鬚橋の西側一帯が「隅田宿」のあった場所とされていますが、正確…

【157】墨田区錦糸4丁目 聖地へGO

さすがポケモンGOの聖地・錦糸公園。炎天下にもかかわず、スマホの画面を睨みながら幽霊のように漂う人たちがうじゃうじゃいました。墨田区出身の王貞治を称えた展示施設がある以外、それほど有名ではないこの公園を、ナイアンテックとポケモンカンパニーが…

【146】墨田区東向島 花より団子

ひと足早く紫陽花を撮ろうと、前日からネットで都内の名所を物色していました。自転車で無理なく行けそうな近場、向島百花園に決定。しかし、実際に足を運んでみると、かなりフライングでした。ほどほどに撮影し、言問団子の店で休憩しようと行ってみると、…

【121】墨田区向島1丁目 隅田公園で秋を探す

今年の秋は、都内の紅葉が少し遅い気がします。あまり気温が下がらないからでしょうか、朝目覚めて布団から出るときも、冷気を感じることがありません。何とか秋らしさを探そうと、大川を渡って隅田公園へ行きました。 メグ・ライアン主演の映画「恋人たちの…

【97】墨田区横網 旧安田庭園 納涼の夕べ

かつては隅田川の水を引き込んでいたという池の周りに提灯が並び、これぞ江戸の夏という雰囲気いっぱいです。普段は午後4時半に閉園する旧安田庭園ですが、「納涼の夕べ」が開かれる8月初めの週末は、暗くなっても門が開いています。 提灯、日本式庭園、そ…

【88】墨田区横網 蔵前橋東詰

両国国技館がある街なので、横綱(よこづな)と読み間違えそうですが、横網(よこあみ)です。かくいう私も、けっこう最近まで勘違いしていまいた。由来は不明ですが、かつてはこの辺りまで海だったためと想像します。古い家がポツポツと残る一方、新しい飲…

【86】墨田区墨田 玉の井

ブログの更新を重ねるうちに、街には指紋ならぬ「地紋」があると思うようになりました。その土地で生きてきた人たちの思いやエネルギーが沈殿し、そこから発する独特の空気が漂い続けているように感じます。かつて玉の井と呼ばれた現在の墨田3丁目付近も、…

【48】墨田区両国 回向院と史跡めぐり

JR両国駅の改札を出たら、国技館とは逆方面へ。京葉道路を渡ると相撲興行発祥の地、回向院があります。周辺には芥川龍之介や勝海舟ゆかりの碑、赤穂浪士が討ち入りした吉良邸跡などもあり、狭いエリアに見どころが凝縮されています。 江戸市中を焼いた明暦の…

【15】墨田区両国

にほんブログ村 相撲好きというわけでは特にありませんが、色鮮かな幟が青空に映えて奇麗だろうなと思い、五月場所真っ最中の両国へ出かけてみました。国技館の前には力士の入り待ちをするファンが大勢詰めかけていました。周辺には旧安田庭園や横網公園など…

【5】墨田区吾妻橋

にほんブログ村 浅草から隅田川を渡り、墨田区吾妻橋へ。金色に輝く例のアレがのった、アサヒビールの本社ビルがあることで有名です。少し歩くと桜の名所、隅田公園もあります。 通称う●ちビル。いったいこのオブジェは何なのか。そう思って検索してみたら、…

【1】墨田区京島

にほんブログ村 やろうやろうとずっと思っていた街歩きのブログをようやく始めることにしました。 初回は墨田区京島。昭和の面影が色濃く残る町並みの背後に、近代的な巨大タワーがそびえ立ちます。京成曳舟駅から散策しました。 京島南公園。ここには高さ1…