読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shooting Tokyo

東京を撮り歩く

NIKON D7100

【206】千代田区外神田 神田祭

子供の頃から必ず神輿を担いできた神田祭、今回は仕事が入り、無念にも全く参加できませんでした。この祭りは2年1回、楽しみは再来年までお預けとなりました。祭り気分はせめて味わおうと、最終日14日の夕方近くに神田明神へ。生ビールを買い、高台にあ…

【番外30】神奈川県三浦市 小さな港の鄙びた食堂

三崎港から起伏のある道を自転車でおよそ20分、宮川という小さな港を訪れました。その入り口に、「まるよし」という古びた食堂がありました。三崎といえばマグロですが、あえて「はば」という海苔の定食を注文。風通しの良い窓際の席から港を眺めつつ、ビ…

【195】千代田区 神田川クルーズ

小学校に上がるか上がらないかの幼少時代、神田川沿いにあった友達の家からどす黒い川がよく見え、ゴミの山を運ぶ船が行き交うのを目にしました。あれから40年弱、川はだいぶ綺麗になり、今では観光船が運行されるまでになりました。 日本橋から乗船し、ま…

【番外27】千葉県君津市 春の房総

東京湾を横断するアクアラインを通り、春を求めて千葉の房総までイチゴ狩りへ行きました。テレビで紹介されて人気の観光スポットとなった濃溝(のうみぞ)の滝をめぐり、さらにダム湖へ。肝心のイチゴは…やや薄味でした。 アクアラインのサービスエリア「海…

【193】文京区湯島 梅と天神様とホテル街

湯島天神の梅が見頃です。高校・大学受験の祈願や、中学受験のお礼参りを兼ねた見物客で賑わっていました。湯島は何度も何度も訪れていますが、今回は天神様とラブホテル街が融合した「これぞ湯島!」という画が撮れました。あいにくの花曇り(たぶん梅には…

【160】新宿区戸山 陸軍戸山学校跡

早稲田大学から5分ほど歩いた戸山公園は、都心で最も標高が高いことで有名です。そこにはかつて、歩兵の戦術技量を磨く陸軍戸山学校がありました。空襲を受けて壊滅しましたが、今もほんの少し面影を見ることができます。さらに陸軍軍医学校跡、もう少し足…

【158】台東区上野公園 夏の水辺の骨董市

まもなく終了してしまいますが、上野不忍池の骨董市に今年も行ってきました。特に何かを買うわけではありませんが、じっとりとした水辺の空気、暗闇に浮かぶ露店の電灯、夏独特の雰囲気を味わいたくなって足を運んでしまいます。。 相変わらず「なんでこんな…

【番外21】千葉県市川市 江戸川花火大会で悪戦苦闘

初めて花火大会でD7100を使ってみました。花火撮影に便利なバリアリングが付いていないので、被写体をスマホに表示させながら写そうと思い、ワイアレスモバイルアダプター「Wu1a」を購入しました。しかしこれ、花火に必須なバルブ撮影ではスマホ画面に画が表…

【156】台東区上野公園 蓮香る池之端

不忍池は戦時中の一時期、食糧不足に対応するため水田として利用されていたことがあるそうです。戦後、さまざな活用案が検討されたものの、けっきょく江戸時代以来の蓮の名所として復活しました。花が開く早朝に訪れると、わたしのようなカメラ小僧がわんさ…

【154】台東区浅草 四万六千日分のご利益をもらいに

毎年7月9、10日に開かれる浅草寺のほおずき市、今年は週末に当たりました。最終日の日曜日はカラッと晴れて、夕涼みがてら出かけるのに最高でした。10日にお参りすると、4万6000日分つまり126年分のご利益が得られると言われています。 アキバ…

【153】足立区西新井 猛暑の大師さまと風鈴の涼

梅雨明け前だというのに真夏のような強烈な日差しを浴びながら、最寄りの東武線大師駅から歩みを進めると、涼しげな音色がかすかに聞こえてきました。福島、富山、沖縄…全国から集まった風鈴が、今年も西新井大師の境内で出迎えてくれました。2年前に初めて…

【152】台東区下谷 朝顔咲く入谷の朝

2年ぶりに入谷の朝顔市へ、花が開いている朝を狙って覗いてきました。まもなく梅雨が明け、本格的な夏が到来することを東京下町に告げる風物詩です。 歩道に120軒ほどの店が並びます。常連ではない私は、どの店で買うのが良いのか、違いがさっぱり分かり…

【149】台東区鳥越 カオスな夜祭り

右へ左へ暴れる神輿、ギリギリまで寄ろうとする見物客、事故を防ごうと声を張り上げる警察官ーー鳥越祭り初日の11日夕方、神輿が集結した蔵前橋通りは押し合いへし合いのカオスと化しました。最終日の今日は、日が暮れてから本社神輿が宮入りし、クライマ…

【145】中央区日本橋中州 清洲橋のポピー畑

8カ月前はコスモスが咲いていた清洲橋のたもとの花壇、この時期はポピーが満開になります。潮の香りを含んだ心地よい風に吹かれながら、色鮮やかな花を見ていると、日頃のストレスが消えていきます。 風が強かったこの日の雰囲気を出したくて、わざと低速シ…

【144】台東区浅草橋 マロニエ祭りと阿波踊り

浅草が三社祭で盛り上がるこの時期、最後に「橋」の一文字が付く浅草橋は閑散としています。いや、していました、という過去形のほうが正しいかもしれません。9年前から駅前で「マロニエ祭り」が開かれるようになり、回を重ねるごとに賑わいを増しています…

【143】台東区浅草 圧巻の三社祭

ブログを始めてから3度目の三社祭。今年は「迫力」をテーマに、できるだけ神輿に接近して撮影することを試みました。が、わたしの出身地・神田の祭より荒々しい担ぎ方に圧倒され、真剣に身の危険を感じました。2日目のこの日は、44氏子町会の神輿およそ…

【142】北区西ヶ原 バラ薫る旧古河庭園

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 バラの匂いをかぐと、母親の香水でひどく車酔いをした幼い日のことを思い出します。明治期の洋館前に広がる庭園には約90種・180株ものバラが植えられ、風がそよぐと、ふんわりとバラの薫りが…。 足尾銅山の経営で…

【139】目黒区上目黒 川沿いの桜並木

10数年ぶりに目黒川の桜を見に行きました。見事な咲きっぷり、しかし人出が尋常ではなく、「橋の上は立ち止まらないでくださーい」という拡声器の声がうるさいのが残念でした。川沿いにたくさんの飲食店が出ていましたが、目黒通りまで歩き、大好きなラー…

【136】中央区浜離宮庭園 春を告げる菜の花

春です、花見の投稿が続きます。両国から水上バスで隅田川を下り、菜の花が見ごろを迎えた浜離宮恩賜庭園に行きました。柔らかい日差しを浴び、黄色い花畑が輝いていました。 撮影でいろいろと激しくポーズを取っていた女性、飛びそうだなあ、と待ち構えてい…

【135】江戸川区平井 都内で河津桜

今シーズンはテレビで河津桜が取り上げるられることが多くないですかね、観光協会が頑張っているのでしょうか。影響を受けやすいたちなのですが、伊豆まで行く時間がないので、都内で咲いている場所を検索。いくつかヒットした中から、平井駅徒歩10分と便…

【133】練馬区石神井台 湖畔の森を抜け都の西北へ

西武池袋線の高野台駅から石神井川に沿って石神井公園へ。大きな池のほとりに大邸宅が並ぶ風景は、ヨーロッパ風の建築物が湖畔に立つ栃木県那須のりんどう湖のような人工的な景色を彷彿させます。日本にはちょっと似つかわしくない、滑稽な感じがしました。…

【132】台東区上野公園 東照宮の寒牡丹

春の花のぼたんには、冬に自然と咲く「寒牡丹」という種類があるそうです。一方、栽培技術を駆使してこの時期に咲かせた花を「冬ぼたん」と呼ぶそうです。どちらも上野東照宮で見頃を迎えています。特にぼたんに興味があるわけではないのですが、どんな感じ…

【131】台東区上野公園 冬の蓮池とマクドナルド

この時期の不忍池は、枯れた蓮が冬の荒涼とした風景を一段と物寂しいものにしています。北から飛来してきた水鳥も、冬らしさを演出しています。帰り際、まもなく閉店するマクドナルド上野店に立ち寄り、別れを惜しみました。 夏には華やかなピンクの花が咲く…

【番外17】栃木県日光市 冬の東照宮へ

群馬県太田市にあるB級テーマパークの三日月村に向かって車を走らせながら、年末なので念のため営業の有無を電話で確認、なんと誰も出ませんでした。すでに埼玉県の羽生PAまで来ていたため、引き返さずに目的地を変更、世界遺産の日光東照宮へ行くことにしま…

【129】中央区東日本橋 年末の風物詩「納めの歳の市」

薬研堀不動尊を中心に、江戸時代から続く年末の恒例行事です。もともとは正月飾りの市だったそうですが、いまは東日本橋や馬喰町周辺の衣料問屋が出店します。小学生のころ、親に連れられ行ったのを思い出します。胸の部分にでかでかと「Renoma」と書かれた…

【127】千代田区神田神保町 古書店街で師走を感じる

神保町もこの時期になると歩きたくなる街です。三省堂の洋書コーナーで日本の本とは違うインクの匂いをかぎながら、クリスマス関連の書籍を見るのが好きだったからです。残念なことにその売り場は大幅に縮小されましたが、毎年の恒例になっているので界隈を…

【125】千代田区日比谷公園 クリスマスマーケット

ここ1、2年、クリスマスマーケットという言葉をにわかに耳にするようになりました。広場に雑貨や食べ物の屋台が立ち並ぶ、ヨーロッパで中世から続く歳時だそうです。本場は石造りの街並みで雰囲気良いのでしょうね。日比谷公園も悪くはありませんが、この…

【123】港区北青山 今年は「ん?」なイチョウ並木

撮りまくるぞ!と期待に胸膨らませ足を運んだのですが、正直「ん?」。緑色の葉がまだ多く、しかも黄色くなった葉はすでに枯れかけていました。今年の都内のイチョウは、綺麗に黄葉しきれないまま散ってしまいそうです。それでも有名な並木道を見ようと、週…

【122】豊島区駒込 ソメイヨシノ生誕の地

江戸時代に染井村と呼ばれたJR駒込駅周辺は、大名屋敷の庭を手掛ける植木屋が多く集まっていたそうです。そこから生まれたのが「ソメイヨシノ」。今や全国に咲く桜の8割を占める品種は、ここが発祥です。二葉亭四迷が眠る染井霊園から、かつて東京外国語…

【117】新宿区新宿 花園神社 一の酉

昨年の一の酉は浅草の鷲神社へ、今年は新宿の花園神社に来てみました。昨年の浅草よりも、人出が少ないように感じました。景気が良くて熊手を買う必要がないのか、熊手にカネを回す余裕がないほど景気が悪いのか。実態経済とは無関係に、日本郵政の株価だけ…

【番外15】神奈川県相模湾沖 海上自衛隊 観艦式

自衛隊の艦艇36隻と航空機37機、さらに米・韓・豪・印・仏の艦船が一堂に会す光景は圧巻でした。護衛艦「むらさめ」に乗って横須賀から約2時間、相模湾で行われた観艦式を見てきました。日差しが降り注ぐ中、沖合は風が気持ち良く、帰りはデッキの床で…

【108】千代田区大手町 消えゆく高度成長期の象徴 日本ビルヂング

あべのハルカスを超える日本一高いビルを作るそうです。いい味を出していた日本ビルヂングが取り壊されるのは少し残念です。隣のJXビルや朝日生命ビルも一体で再開発する巨大プロジェクトのようで、完成は2027年度。そのとき日本経済はどうなっている…

【106】江東区毛利 横十間川の流れ

まだ公衆電話が主流だったころ、 錦糸町のラブホテル街近くにあった運送屋でアルバイトをしていたことがありました。早朝の荷分け作業に向かう途中、若いフィリピン人女性たちが電話をする姿をよく見かけました。故郷の大切な人と話していたのだと思います。…

【103】江東区富岡 深川のびしょ濡れ祭り

深川の水かけ祭り、初めて見物しました。うーむ、すごかった。こんなに水浸しにして神輿は大丈夫か、というぐらい大量の水が沿道から浴びせられていました。恨みのある人が担いでいたら、ぜひ水かけ役として参加してみたいです。今日15日は町会の神輿が3…

【101】台東区浅草橋 後編

今回は駅を離れ、街の奥へ。空襲を逃れた長屋がポツポツと残り、狭い路地からカビ臭さが漂ってきます。このブログの第1回目、下町の古い街並みを撮ろうと墨田区京島まで出かけましたが、自分が暮らす浅草橋も昭和レトロ感いっぱいだったことに気づきました…

【100】台東区浅草橋 前編

2014年3月に始めたこのブログも、おかげさまで100回目を迎えました、番外編を含めれば112回目です。読者のみなさま、ふと立ち寄っていただいたみなさま、どうも有難うございます。これからもよろしくお願いします。 今回と次回、近すぎてこれまで…

【97】墨田区横網 旧安田庭園 納涼の夕べ

かつては隅田川の水を引き込んでいたという池の周りに提灯が並び、これぞ江戸の夏という雰囲気いっぱいです。普段は午後4時半に閉園する旧安田庭園ですが、「納涼の夕べ」が開かれる8月初めの週末は、暗くなっても門が開いています。 提灯、日本式庭園、そ…

【95】台東区上野公園 朝の不忍池に咲く蓮の花

蓮に覆われるこの時期の不忍池は葉っぱの青くささが充満し、夏がやって来たことを実感させてくれます。朝7時に着くように出かけたら、蓮の花が見事に開いていました。 開花した蓮をまじまじと見たのは、これが初めてかもしれません。色といい、形といい、造…

【94】江戸川区北葛西 行船公園・金魚祭り 2015

猛暑にもかかわらず、昨年よりも明らかに人出がありました。最寄駅からアクセスが不便なのが難ですが、ずらりと並んだ水槽やたらいの中を泳ぐ金魚は見ているだけで涼しげで、満足感の高いイベントです。今年は和金3匹、メダカ6匹を持ち帰りました。 1匹8…

【91】足立区西新井 西新井大師・風鈴祭り 2015

昨年に負けず劣らず暑い日でした、今年も西新井大師の風鈴祭りへ行ってきました。ガラス、鉄、青銅…全国からおよそ500種類の風鈴が一堂に会します。さーっと風が通ったときの大合奏は圧巻でした。お約束のかき氷も堪能しました。 各地から特色のある風鈴…

【89】台東区松が谷 かっぱ橋本通り 下町七夕祭り

かつてこの辺りは河童が住むのに適した湿地帯で、星々に暮らす神様が、願い事を叶える力がなくなると河童としてこの地に送られていたそうです。修行を経て天の川に帰る彼らを見送るため、七夕祭りが開かれるようになったとか…。由来はともかく、商店街による…

【88】墨田区横網 蔵前橋東詰

両国国技館がある街なので、横綱(よこづな)と読み間違えそうですが、横網(よこあみ)です。かくいう私も、けっこう最近まで勘違いしていまいた。由来は不明ですが、かつてはこの辺りまで海だったためと想像します。古い家がポツポツと残る一方、新しい飲…

【87】台東区今戸 穢多頭弾左衛門の屋敷跡

観音裏をさらに北東へ、奥浅草とでも呼べばいいのでしょうか、今戸という住居表示が現れます。江戸時代、ここには塀などで囲まれた一画がありました。関東一円の被差別民を統括する「穢多頭」の屋敷・役所を中核に、その役人などが住んでいたそうです。 穢多…