読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shooting Tokyo

東京を撮り歩く

【35】北区王子 区立中央図書館(旧兵器工場)

本当は終戦の日の前日に書きたかったのですが、お盆中にも関わらず本業が忙しく、間に合いませんでした。JRと東京メトロの王子駅から西へ15分ほど歩いた場所に、帝国陸軍の造兵廠(兵器工場)だったレンガ作りの建物があります。外観と内部の一部を残し、…

【33】台東区上野 うえの夏まつり

「今宵は夜市が開かれる。夕闇の迫る空にそう告げたのは、学校蝙蝠だった」ーーと始まる恒川光太郎の小説「夜市」の不思議な雰囲気をちょっぴり味わえます。不忍池湖畔に開かれた骨董市の出店には裸電球が灯り、アフリカ風の置物や戦前の古本、アンティーク…

【30】文京区関口 芭蕉庵

芭蕉庵と言えば江東区深川を思い浮かべますが、文京区関口にもあります。俳人・松尾芭蕉は土木技師でもあり、神田上水の改修工事に携わった際にこの地に居を構えていたそうです。その後に深川に移り住み、奥州へと旅立ちました。 東京メトロ有楽町線の江戸川…

【29】台東区下谷 入谷朝顔市

にほんブログ村 毎年7月6〜8日は入谷の朝顔市、東京・下町に夏の訪れを告げます。仕事やや早めに切り上げという禁じ手を使って写真を撮りにきました。関係者がこのブログを見ていないことを祈ります。 江戸時代、界隈に複数あった植木屋が朝顔を栽培して…

【28】中央区日本橋 伝馬町牢屋敷跡

にほんブログ村 なんだか霊感スポットシリーズみたいになってきましたが、小塚原を見たら足を運びたくなりました。小塚原回向院に眠る吉田松蔭は、この牢屋に二度投獄されています。一度目は下田に停泊中のペリー艦隊に密航しようとして、二度目は安政の大獄…

【27】荒川区南千住 小塚原刑場跡

にほんブログ村 東京メトロ日比谷線の南千住駅南口を出ると、江戸時代に火あぶり、磔、打ち首が行われた刑場跡があります。明治6年に廃止されるまで20万から30万人が処刑されたと言われています。現在は回向院、延命寺という供養のための寺が建っていま…

【26】台東区浅草 待乳山

にほんブログ村 推古3年(西暦595年)に地面が盛り上がって出現したとされる、標高10メートルの東京で最も低い山です。ここにエロスを感じさせる官能的な寺院、待乳山聖天(まつちやましょうてん)が建っています。 シンボルは二股大根。夫婦の和合を…

【24】江戸川区小岩

にほんブログ村 とりたてて目を引く名所があるわけではなく、住人以外はあまり訪れることがないかもしれません。ネットで情報を収集してみると、正倉院に残る下総国の書物に「甲和(こうわ)」という里が登場。小岩の起源と考えられており、奈良時代以前から…

【23】千代田区秋葉原 青果市場跡

にほんブログ村 再開発で今は大きなビル群が建ち並んでいますが、かつて電気街口の駅前には神田青果市場、通称「やっちゃば」がありました。毎朝、電動荷車が青果物を載せて実家の前を通り、私はそのモーター音で目が覚めていました。今回はいわゆるアキバで…

【22】台東区西浅草 かっぱ橋道具街

にほんブログ村 飲食店で使う道具で手に入らないものはない、そう思える問屋街です。なお、漢字で書くと合羽橋で、河童橋ではありません。由来は2つあるそうで、1つは江戸時代に界隈で雨合羽が作られていたから、もう1つは周辺の治水工事を河童が手伝った…

【20】台東区鳥越 鳥越祭

にほんブログ村 6月第2週末に催されるこの祭りは、どの氏子町会も神輿がでかいです。とくに鳥越神社の宮神輿は重さ4トン、千貫神輿と呼ばれ、都内最大級。本来は法被を来た人しか担げないのですが、一瞬でいいからと部外者が沿道から乱入し、流血の乱闘騒…