読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shooting Tokyo

東京を撮り歩く

【109】港区南麻布 都心の一等地でフナを釣る 「衆楽園」 

麻布。いい響きです。上品で洗練された街というイメージが頭に浮かびます。しかし、東京メトロ広尾駅から10分ちょっと歩くと、都会のど真ん中らしからぬ豊かな水を湛えた釣り堀「衆楽園」が現れます。そよそよと吹く風に当たりながら釣り糸を垂れていたら、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

 

f:id:konob301:20150922202122j:plain

昭和の初めから営業しているそうです。この辺りは坂が多く、かつては山だったようです。釣り堀は湧き水を利用しているそうです。緑に囲まれ、水はきれいで、実に静かでした。

 

f:id:konob301:20150922202136j:plain

釣れるのはフナです。かなり食いが良く、餌が池の底につく前に取られてしまうほどでした。しかし、実際に当たりが来て合わせるのは難しく、釣果は2時間で3匹でした。

 

f:id:konob301:20150922202130j:plain

近くにはフィンランドアルジェリアなどの大使館があります。その一方で、豪邸に混じって古い民家も多く残り、少し田舎っぽい雰囲気でした。麻布というとセレブな暮らしを想像しますが、古くからの住民はごく一般的な生活を送っているようです。

 

f:id:konob301:20150922202114j:plain奥まった分かりづらい場所にもかかわらず、ひっきりなしに来客があり、ひとりで切り盛りしている女性は餌を作ったり、会計をしたり、魚が飲み込んだ針を外したり、たいへんそうでした。

 

f:id:konob301:20150922202118j:plain

切り盛りしているのは女性ひとりではありませんでした。真っ白い猫がうろうろ歩き回り、接客をしていました。

 

Sony NEX-6で撮影

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村